はじめに

マスコミソフィア会とは

マスコミ・ソフィア会は、上智大学卒業生でマスコミ界に働くものを中心に、相互の親睦と交流をはかり、更に研鑽の場として、母校の発展に寄与しようという目的で、1988年 4月に発足しました。会員は、現在1,000名余。現役学生諸君の準会員の制度ももうけています。年一回東京で総会を開催するほか、大阪、仙台、広島、福岡など全国各地で交流会を行っています。会報「コムソフィア」を不定期で発行しています。 また「コムソフィア賞」を制定しました。また、学生のための「マスコミ就職相談会」も開催するなど後輩の指導にも力を入れています。

総会が千代田区プレスセンターホールで開催

(速報)第20回マスコミソフィア会総会

shinobu 2007年5月12日(土)第20回マスコミソフィア会総会が開催されました。
第20回という節目の回でもあり、場所もいつもの校内ホールから都内千代田区内幸町のプレスセンターホールに移しての開催となりました。
熱気ムンムンの会場には約100名の会員が詰めかけ、日本テレビでおなじみの松本志のぶ(1992外英)アナの・・・ 続き・・・

(式次第についてはここをご覧ください)

安藤優子さん授賞で感動の涙!!

第17回コムソフィア賞は安藤優子さん

ando 総会議事に続き、向山肇夫(1963法法)幹事からコムソフィア賞の選考経過の報告と共に結果が発表され、第17回コムソフィア賞としてフリージャーナリストの安藤優子さん(上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究課在学中)が受賞されました・・・ 続き・・・

(選考経過・安藤さんの経歴についてはここをご覧ください)

20周年記念事業「特別講演会」も好評!

世界が注目する日本のアニメション

kuromizu 第20回マスコミソフィア会総会に続き、20周年記念事業の最初のイベントとして『特別講演会「世界が注目!日本のアニメーション」』が同ホールで14時より開催された。
司会は㈱WOWOW常務取締役の黒水則顕氏(1978文新)。世界で放映されるアニメーションの約6割が日本製とされる昨今、果たしてアニメの世界潮流としての真実はどこ・・・ 続き・・・

(事前紹介についてはここをご覧ください)

「コムソフィア賞」刻字「安得」の意味は?

横山翆蹊氏が語る「安得」の意味

antoku 受賞を記念し、安藤女史の《安》にちなみ、刻字作品《安得・あんとく》を入念に制作いたしました。漢文の用語として、この《安得》には二つの読み方があります。「いずくんぞ・・・するを得ん」と訓読すれば、「どうしてそのような事が出来ようか」という意味を持ち、「いずくんぞ得ん・・・するを」と訓読すれば、「何とかしてそうありたいものだ」という願望の意味を含むことに・・・ 続き・・・